愛し合い結婚したときのその愛は嘘偽りない本物であったと思いますが、育った環境や背景さらには男と女という価値観や考え方の違い、そして時に自分勝手になってしまう傾向など離婚の原因というのはあげればきりがないほどです。とはいえある程度のことは我慢ができ、相手を許すことができたとしても、どうしてもこれだけは許すことができない、もう無理という決定打のようなものになってしまうものがあります。それが配偶者の浮気であり、不倫です。この行為は裏切りであり、それがたとえ1回だけであったとしても違う異性と寝て愛し合ったという事実は消えることがなく、そのようなことをする相手とは一緒に生活をすることができないということになってしまいます。不倫をされた潔白な方の配偶者は感情的にも、以前のように夫を愛することができなくなってしまい、一緒に生活することの意味がなくなってしまったと感じることでしょう。

もう1つ離婚の決定打になるものは、配偶者の暴力です。DVと呼ばれる家庭内暴力は結婚した後に少しずつ見え隠れするようになるケースが多く、結婚してみないとわからない部分があります。ちょっと短気なところがある程度だったのが、エスカレートしていき、面白くないことがあると配偶者に当たるのです。基本夫が妻に暴力を振るうというケースが多いですが、その逆も増えてきています。特にアルコールが入るとエスカレートしやすく、上からたたきいじめることでストレスを発散し、権威を振るい、優越感や征服感を楽しむようになってしまうのです。そんな配偶者と一緒にいても楽しいはずはなく、多少良い時期もあるかもしれませんが、基本暴力的な人は結婚してもそう変わるものではないので、身の危険を感じる前に別居、離婚の準備を着々と進め、そして離婚という選択をするかもしれません。不倫と暴力、この2つは耐え難い痛みを配偶者に与えるものであり、離婚はやむを得ない、そして子供がいたり、自分も仕事をしなければならなくなるとしても、それでも離婚を選択したいと思うほどの行為です。

PR|英語上達の秘訣英語上達の秘訣お家の見直ししま専科マッサージのリアル口コミ.comサプリメント工務店向け集客ノウハウ初値予想心の童話家計見直しクラブJALカードSEOアクセスアップ相互リンク集住宅リフォーム総合情報ショッピングカートアフィリエイト相互リンクオーディオ童話